日頃よりお世話になっております皆様へ

 お世話になっております。富永京子です。

 この度は、拙著『みんなの「わがまま」入門』を上梓いたしました。

 著者は富永京子となっておりますが、多くの方との議論や対話を踏まえた語りおろしがベースとなっている本で、(多くの本はそういうものだと思いますが)皆様のお力なしではできなかった本です。原稿の修正を続けているうちになんども、いろいろなところで、さまざまな機会にお話した方々のお顔が浮かんできました。
 社会運動に対して「言いたいことは分かるんだけど、ちょっとな…」と思っている方と、その抵抗感やモヤモヤの理由を一緒に考えられたらと思って書きました。
 ただ、私にとってはそれ以上に、この数年間、いろいろな機会にお話させていただいた方々にお送りしたいと思って書いた本でもあります。

 楽しかった思い出の、僅かばかりの「お礼」として、お受け取りいただけますと幸いです。

 本来なら直接、「ここのこの部分があなたとの議論を踏まえて書いてみた部分でして……」などとねちねちお伝えしたいところなのですが、不幸なことに(幸いなことに?)、ただいまウィーンにて在外研究中ということもあり、左右社さんから代理で送っていただくことになりました。もし一時帰国などの際にお目にかかれれば幸甚に存じます。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

富永京子

関連記事