『社会運動と若者』合評会@立命館大阪いばらきキャンパス(2月19日)

 なんと、『社会運動と若者』の合評会を大阪でもやっていただけることになりました。次回は、立命館大学大阪いばらきキャンパスでの開催となります。2月19日(月)16時30分から18時30分という、どっ昼間というほどではないですが平日夕方で、参加しづらい方もいらっしゃるかと思いますが、学生・院生・研究者・市民の皆様大歓迎ですので、ぜひぜひいらしてください。いばらきキャンパスはアクセスもよく、出来たばかりのきれいな校舎なので、そういった意味でもおすすめ(?)でございます。  コメンテーターは、高村学人先生(立命館大学政策科学部教授・御主著『アソシアシオンへの自由』『コモンズからの都市再生』)と長谷川貴 […]

Continue Reading

卒論を終えて――踏み台として使っていただく嬉しさ

 今学期も無事に(?)終わりました。いつもの講義に加えてゼミも持っているので、ゼミ生をはじめとした周囲の4回生が卒論を書く過程を見つつ、たまーに介入しつつ、という感じで過ごしていました。  そんな中で、ある受講生のFacebookの書き込みがとても印象的でした。  その学生さんは、海外のある地域における社会現象について研究していたのですが、それについて、日本語の非常にすぐれた博士論文がある、その研究にどうやっても太刀打ちすることができない。そういう情けなさを感じたことと、決して日本でよく知られているとは言えない社会現象に対してもこれほど長いこと検討を重ねている人がいる、そういった形で研究という […]

Continue Reading

『GINZA』2月号,『第三文明』1月号にインタビュー掲載――女性誌から助成申請を考える

 ファッション雑誌『GINZA』(2月号),『第三文明』(1月号)にそれぞれインタビューが掲載されています。  『第三文明』では、「社会運動から見えてくる『若者と政治』の在り方」という主題でお話させていただきました。2014年以降の特定秘密保護法に対する反対運動、安保法案に対する抗議行動に連なる「若者による社会運動」の盛り上がりと、立憲民主党の活動への連なりについて言及しています。  『GINZA』では、企画「セルフプロデュース力『UP』講座」にコメントを寄せています。最初は最近起こったMeToo運動とか、いわゆる事務所とか所属組織を介さないようなセレブリティの政治的・社会的発言についてお話し […]

Continue Reading

共同通信発信の記事を寄稿――祖母と私の「資源依存パースペクティブ」

 共同通信社発信の「本の森」に寄稿しました。いくつかの地方紙に順次掲載されているということですので、帰省などの折に偶然見つけた人はぜひお伝え下さい。  記事はいちばん下に引用させてもらっていますが、彼女が倒れたのは2009年6月で、大学院に入学して(東京に引越して)まだ間もない時のことでした。倒れたとの報を聞き、北海道に帰って一週間ほど一緒に過ごしたときに、「もう長くない」という言葉を別の親族から聞きました。「もう長くない」という言葉は信じたくない状況ながらも、仮に「長くない」という言葉が真実であった場合どう行動するか、と考えた時に、学部生のときと同じように、自分の行ってきた珍しい場所や、学ん […]

Continue Reading

Webサイトリニューアル中&今年やった(やってない)こと

Webサイトのサーバーを変更しました。それに伴い、レイアウトも管理者の方にリニューアルしてもらっています。私の方は、今年やったことを一覧にしてみています。というか、あまり「やってない」ので、「やってないこと」としたほうが適切でしょうか……。 リンクをクリックすると、それぞれに言及したサイト内(一部サイト外)の文章にとびます。各種フォーマットに転載する用を兼ねているので、ちょっと見にくいですがご容赦ください。 ■ 著書(単著) – 『社会運動と若者』ナカニシヤ出版,2017 → 『エコノミスト』(2017年5月)『西日本新聞』(2017年5月)『沖縄タイムス』(2017年8月)『下野 […]

Continue Reading

社会運動の不幸を逓減させる――最近いただいたご書評によせて

 『新社会学研究』に『社会運動のサブカルチャー化』、『図書新聞』に『社会運動と若者』のご書評をいただきました。また、今後『リヴァイアサン』『立命館大学産業社会論集』でご書評いただくということで、もうほんとに楽しみです。いずれも専門的な雑誌ではありますが、面白い記事がたくさんありますので、見かける機会があればぜひお手に取ってみてください。  今回書評してくださった評者の方はそれぞれ、栗田宣義先生(甲南大学)と松井隆志先生(武蔵大学)です。松井先生には院生時代、修士論文の執筆からずっとお世話になっており、栗田先生は「政治的社会化」研究や「社会運動の計量研究」の先駆者である偉大な先生ということもあり […]

Continue Reading

12月に参上する書評会・研究会(12/6京都、12/16札幌)

12月はふたつの書評会・研究会でお話します。 『社会運動と若者』書評会 日時:2017年12月6日(水)12:15~14:15 会場:立命館大学衣笠キャンパス学而館研究会室3(学而館2F)(場所はこちらから) 12月6日(水)は、立命館大学衣笠キャンパスにて『社会運動と若者』の書評会を開催していただきます。政治学者(福祉国家研究)の加藤雅俊先生、社会学者(労働運動研究)の橋口昌治先生にコメントいただき、富永がリプライをするという内容です。豪華コメンテーターで、フロアのゲストも超豪華な予定ですので、平日のどっ昼間で恐縮ですがぜひともお越し頂ければ幸いです。事前予約も必要ありません。本をお持ちでな […]

Continue Reading

博士論文の謝辞に書きたいもの②――勇者になくて大学教員にあるもの

※今回はご報告ではありますが、研究と関係あるようなないような内容です。  台湾国立台北大学のWebsiteに富永が掲載されています(http://www.ntpu.edu.tw/chinese/newsUpdate_more.php?id=23795)。最近は研究報告や講演登壇などの研究関連で外に出る事が多かったのですが、今回は大学の教学にかかわることなので「校務」として訪問しました。具体的には、立命館大学大学院社会学研究科の国際化関連プログラムでの協業について議論するために行ったのです。立命館の先生方、事務職員の方がセッティングしてくださって可能になった訪問なのですが、このお付き合いは、実は […]

Continue Reading

博士論文の謝辞に書きたいもの①――私を自由にさせてくれる「ぷっちょ」はお守り

※今回はご報告ではありますが、研究と関係あるようなないような内容です。  平和中島財団の助成による招聘が無事完了したため、報告書を作成しました(こちらでは助成一覧のみ見られます)。2016年度なのですが、先方の都合で実際には2017年度の助成となりました。柔軟にご対応くださった平和中島財団の方々、執行と申請をサポートしてくださった立命館大学研究部の方々に厚くお礼申し上げます。  というわけで、この助成金でフィンランドからお越しになったTさんという研究者の方を夏の間、一ヶ月ほど京都にお迎えしていたのですが、彼と出会ったのは2014年の夏のことでした。実は、Tさんのパートナーの方も研究者で、彼女は […]

Continue Reading

なぜ投票に行こうと言えなかったのか 「私が投票に行く理由」と社会運動の意義

 朝日新聞2017/10/21朝刊(東京本社発行版)に「私が投票に行く理由」というインタビューが掲載されています(www.asahi.com/articles/DA3S13191995.html)。大阪本社発行版では見られないので少し残念だったのですが、この日はちょうど東京のホテルにいたので、実際の掲載紙を見ることができました。また、田村哲樹先生のウェブサイト(http://d.hatena.ne.jp/TamuraTetsuki/20171022/p1)でも言及していただいています。 お声がけいただいた記者の方とお話するのはとても面白く、お会いしてお話出来ただけでも価値ある時間でしたが(こう […]

Continue Reading
1 2 3 14