Publications

PUBLICATIONS (英語での論文・学会報告と、日本語での論文・学会報告・資金獲得に分けています。それぞれ、下のリンクから飛んで下さい。)

Publications in English
Presentations and Public Appearances in English
Refereed Papers in Japanese
Non-Refereed Papers and Proceedings in Japanese
Presentations and Public Appearances in Japanese
Academic Fund Raising

– Publications and Presentations in English(英語の論文と報告書・国際学会発表)

PUBLICATIONS

  • 1) “A Study of Movement Identity on Protest Events: The case of The Protest Against the 2008 Hokkaido Toyako G8 Summit,” Tejerina, B. and I. Perugorría (Eds.), 2012, From Social to Political. New Forms of Mobilization and Democratization, Bilbao: Servicio Editorial de la Universidad del País Vasco: pp312-326. (ISBN: 978-84-9860-595-2)
  • 2) “Effects in Local Areas of Global Justice Movement: Anti-G8 Protests in Japan, Okinawa in 2000 and Hokkaido in 2008,” 2012, Conference Proceedings in IOS-IASA Joint Workshop of Young Sociologists.
  • 3) “The History of Japanese Consumer Movement: 1945-1990, ” 2012, East Asia at a Crossroad: Toward the Construction of a New East Asia, East Asian Sociologists Network: 358-364.
  • 4) “The Burn-out, Retirement, and Suspension from Social Movement Activity: Three Types of Retired Activists,” 2013, Conference Proceedings in IASA-IOS 4th Joint Workshop & AsiaBarometer Workshop: Understanding Changing Faces of Asian Societies, pp77-89, Institute for Advanced Studies on Asia
  • 5) “Comparing Media Activism in Spain, Germany and Japan: Global Problems and Local Solutions,” 2013, Conference Proceedings in IASA-IOS 4th Joint Workshop & AsiaBarometer Workshop: Understanding Changing Faces of Asian Societies, pp72-74, Institute for Advanced Studies on Asia (Co-Author)
  • 6) “Burnout, Arresting and Retirement: The Social Capital and its Negative Effects for Career of Activists’ Community” 2013, Dynamics of Convergence and Divergence: Changing Societies and Values in East Asia.
  • 7) ”Social Movements and the Diffusion of Tactics and Repertoires: Activists’ Network in Anti-globalism Movement” 2014, International Journal of Social, Management, Economics and Business Engineering Vol:8 No:6, 1774-1780.
  • 8) ”Is an Alternative Deliberation Space?:The Anti-Nuclear Movement and ICT Communication after 3.11 Disaster” 2015, ACCS 2015 Conference Proceedings, 307-319, Corresponding Author
  • 9) ”Young Radicals in 2010s:From the relationship between young and elderly protesters” 2016, East Asian Civil Society Dialogue on the Sphere of Intimacy: 4th Hokkaido Dialogue, 17-26.

PRESENTATIONS AND PUBLIC APPEARANCES

  • 1) “A Study of Movement Identity on Protest Events: The case of The Protest Against the 2008 Hokkaido Toyako G8 Summit,” Bilbao, Spain, in the ISA RC 47&48 Conference [February 2012]
  • 2) “Effects in Local Areas of Global Justice Movement,” Taipei, Taiwan, in IOS-IASA Joint Workshop of Young Sociologists [March 2012]
  • 3) “Effects in Local areas of Global Justice Movement: Anti-G8 Protests in Japan, Okinawa in 2000 and Hokkaido in 2008,” Buenos Aires, Argentina, in the ISA 2nd Forum [August 2012]
  • 4) “The Effects on the Participants of Social Movements: The Case of the Protest against the 2008 Toyako, Hokkaido G8 Summit,” Tampere, Finland, in Power and Difference 3rd International Conference [August 2012]
  • 5) “The History of Japanese Consumer Movement: 1945-1990,” Seoul, Korea, in Korea-Japan Workshop on Civil Society/Social Movements, (invited)[September 2012]
  • 6) “The History of Japanese Consumer Movement: 1945-2000,” Tokyo, Japan, in the 10th East Asian Sociologists Network Conference [November 2012]
  • 7) “The Burn-out, Retirement, and Suspension from Social Movement Activity: Three Types of Retired Activists,” Tokyo, Japan, in IOS- IASA 4th Joint Workshop and AsiaBarometer Workshop [March 2013]
  • 8) “Peasant/Farmer’s Movement in Japan,” Shatin, Hong-Kong, in the Conference of East Asian Comparative Studies Workshop [April 2013]
  • 9) “Environmental Movement in Japan,” Shatin, Hong-Kong, in the Conference of East Asian Comparative Studies Workshop [April 2013]
  • 10) “Transition of Activists’ Network: Career of activists and their network,” Hamburg, Germany, in XXXIII Sunbelt Social Networks Conference of the International Network for Social Network Analysis (INSNA) [May 2013]
  • 11) “How Activists Connect Their Weak Ties? What is Their “Sense of Community”? : Anti-G8 protest as an Opportunity to Build Networks among Activists,” Yokohama, Japan, in the dialogues with Global Sociologists (invited)[July 2013]
  • 12) “Do Activists Connect Their Weak Ties?: The role of protest events as an opportunity to build networks among activists,” Zurich, Switzerland, Applications of Social Network Analysis (ASNA) 2013 [August 2013]
  • 13) “Burnout, Arresting and Retirement: The Social Capital and its Negative Effects for Career of Activists’ Community,” Seoul, Korea, 2013 East Asian Sociologists’ Network Special Symposium -Dynamics of Convergence and Divergence: Changing Societies and Values in East Asia-[August 2013]
  • 14) “New Generation’s Labor Movement in Japan: Multi-Issue, Various and Non-Regular employees,” Seoul, Korea, in SNUAC International Conference: Comparing Social Movements in East Asia 2013 [November 2013]
  • 15) “Temporary Cluster and Social Movements: Coalition Building among the Social Movement Organizations in the Global Justice Movement,” Manchester, UK, Mitchell Centre Seminar (The University of Manchester) [May 2014]
  • 16) “The Role of Social Movements as Political Mutual Understandings: Anti-Globalism Movement is Space of Openness?,” Beijing, China, 12th East Asian Sociologists Conference [October 2014]
  • 17) ”Alternative Deliberation Space is Possible? : Anti- Nuclear Movement and ICT Communication after 3.11 Disaster, ” Kobe, Japan, ACAS/ACCS 2015 Conference [May 2015]
  • 18)”Leftist Magazines and Social Movements: A Study of the Networks between Activists Writers/Editors, ” Brighton, Japan, Sunbelt XXXV (International Sunbelt Social Network Conference) [June 2015]
  • 19) ”Alternative World is not Equal: What Factors Create the Hierarchy among Activists?,” Prague, Czech Republic, 12th Conference of the European Sociological Association [August 2015]
  • 20) ”Young Radicals in 2010s: From the relationship between young and elderly protesters, ” Seoul, South Korea, East Asian Civil Society Dialogue on the Sphere of Intimacy: 4th Hokkaido Dialogue [February 2016]
  • 21) ”Young Radicals in 2010s: The Contemporary Counter-Culture of Young Protesters, ” New Taipei, Taiwan, The Workshop of National Taipei University Department of Sociology [February 2016]
  • 22) ”Everyday Life and Politics in Youth: The Japanese Case in 2000s,” Hualien, Taiwan, 國立東華大学社会学系専題演講 [February 2016]

– 日本語の論文・学会報告・資金獲得(Publication in Japanese)

日本語の査読つき論文

  • 1)「社会運動のイベント性が生み出す運動参加――2008年北海道洞爺湖G8サミット抗議活動を事例として――」(研究ノート)『ソシオロジ』ソシオロジ編輯室, 57巻3号, pp109-126, 2013
  • 2)「定期的な政治的機会の開放による抗議レパートリーへの影響――WTO閣僚会議とTRIPS協定をめぐるNGO行動を事例として――」(ほか一人と共著, corresponding author)『Sociology Today』Sociology Today編集委員会, 第20号, pp26-39, 2013
  • 3)「グローバルな運動をめぐる連携のあり方――サミット抗議行動におけるレパートリーの伝達をめぐって――」『フォーラム現代社会学』関西社会学会編集委員会, 第13号, pp17-30, 2013
  • 4)「社会運動における離脱の意味――脱退、燃え尽き、中断をもたらす運動参加者の人間関係認識――」『ソシオロゴス』, ソシオロゴス編集委員会, 第37号, pp170-187, 2013
  • 5)「社会運動への参加が人々にもたらす影響――2008年北海道洞爺湖G8サミット抗議行動を事例として」『社会学年誌』, 第55号, pp67-82, 2014
  • 6) 「社会運動と『逮捕』――被逮捕者に対するまなざしを通じて」『年報社会学論集』, 第27号, 関東社会学会, pp122-133, 2014
  • 7) 「社会運動の連携研究におけるモデル構築の試み――『戦略的連携――連携形成と社会運動』を手がかりに――」(ほか二人と共著)『書評ソシオロゴス』, 第10号, pp.1-26, 2014
  • 8)「社会運動のサブカルチャー化――『2008年G8サミット抗議行動』での経験に焦点を当てて」東京大学大学院人文社会系研究科博士学位請求論文,2015

日本語の査読なし論文

  • 1)「中山間地域におけるコミュニティビジネスの役割――就労機会の創出に注目して――」(ほか二人と共著)『人口減少時代の地域づくりⅡ』, 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部 社会学研究室, pp71-83, 2010
  • 2)「外国人への寛容と排他性――中山間地域を事例として――」(ほか二人と共著)『人口減少時代の地域づくりⅢ』,東京大学大学院人文社会系研究科・文学部 社会学研究室, pp62-67, 2012
  • 3)「消費者運動のグローバル化:TRIPS協定をめぐる医薬品アクセス運動を事例として」『生協総研賞・第9回助成事業研究論文集』, 生協総合研究所, pp112-122.
  • 4)「大学院生と国際学会・資金獲得・英語論文執筆に伴う困難――研究活動支援と学会の自己認識のために――」(ほか一人と共著)『徳島大学社会科学研究』徳島大学社会科学部, 第26号, pp53-66, 2012
  • 5)「第3章 社会運動の変容と新たな『戦略』――カウンター運動の可能性」山崎望(編)『奇妙なナショナリズム――排外主義に抗して』岩波書店,pp.113-138,2015
  • 6)「第3章 グローバルな運動への参加の回路:洞爺湖G8サミット抗議活動に関わった「地元参加者」の声」野宮大志郎・西城戸誠(編)『サミット・プロテスト――グローバル化時代の社会運動』 新泉社,pp.108-134,2016

日本での学会報告・依頼報告

  • 1)「The Newer Social Activism――more global and more diverse: A Case of anti-G8 summit activism」,『第82回日本社会学会大会』, 立教大学, 2009年10月
  • 2)「グローバルな社会運動がもたらす日常の社会運動への影響:北海道洞爺湖サミット反対運動を事例として」, 『社会運動論研究会』, 大阪経済法科大学東京麻布台セミナーハウス, 2010年7月
  • 3)「抗議イベントとしての2008年洞爺湖サミット反対運動――個人のキャリアに及ぼす影響を中心に――」, 『関東社会学会第3回研究例会「第6回修論フォーラム」』, 早稲田大学, 2011年5月
  • 4)「消費者運動としての医薬品アクセス運動――Oxfamと国境なき医師団の活動を中心に」, 『第59回関東社会学会大会』, 明治大学, 2011年6月
  • 5)「2008 年洞爺湖G8 サミット抗議行動における参加者の研究 ――個人のキャリアに注目して――」,『第84回日本社会学会大会』, 関西学院大学, 2011年9月
  • 6)「グローバルな抗議が残すローカルな刻印――沖縄サミットと洞爺湖サミットに対する抗議行動を事例として」, 『<社会運動>研究会』, 京都市下京いきいき市民活動センター, 2011年12月
  • 7)「グローバルな運動のローカルへの来訪――2000年北海道洞爺湖G8サミット抗議行動と2008年沖縄G8サミット抗議行動を事例として」, 『地域社会学会第37回大会』, 慶應義塾大学, 2012年5月
  • 8)「大学院生と資金助成・国際(国内)学会報告・論文執筆にともなう困難」, 『第60回関東社会学会大会』, 帝京大学, 2012年6月
  • 9)「無賃金奉仕活動における『従事者燃え尽き』と『離脱』の研究」, 『第85回日本社会学会大会』, 札幌学院大学, 2012年11月
  • 10)「消費者運動としての医薬品アクセス運動――Oxfamと国境なき医師団の活動を中心に」, 『生協総研賞・第9回助成事業論文報告会』, 千代田区立日比谷図書文化館, 2013年2月
  • 11)「社会運動と『逮捕』――弾圧経験のエスノグラフィー――」、『第86回日本社会学会大会』, 慶応義塾大学, 2013年10月
  • 12)「サブカルチャーとしての社会運動:「2008年G8サミット抗議運動」を事例として」、『社会運動論研究会』, 大阪経済法科大学東京麻布台セミナーハウス, 2014年2月
  • 13)「What problems are civil society facing in Japan? From the viewpoint of intra-organizational/individual networks in the protest event」、『新しい学問を考える集い』, 東京大学東洋文化研究所, 2014年4月
  • 14)「社会運動組織としての家庭――ライフスタイル運動を通じた政治的社会化の場として――」、『第65回関西社会学会大会』, 富山大学, 2014年5月
  • 15) 「アジア・太平洋価値観国際比較――社会的参画の国際比較からみる『日本的な政治参加』――」、『日本行動計量学会第42回大会』, 東北大学川内キャンパス, 2014年9月
  • 16) 「現代日本の反レイシズム運動に関する実証研究(2)」、『第87回日本社会学会大会』, 神戸大学, 2014年11月
  • 17)「社会運動のサブカルチャー的側面――個人化・流動化時代の『居場所』を貫く規範とは」、『第102回SPSN研究会』,帝京大学,2015年8月
  • 18)「若手フォーラム『10年代社会におけるアソシエーションの可能性』、『第88回日本社会学会大会』,早稲田大学,2015年9月
  • 19)「若者と政治―若者による運動に内在する「対抗性」と「下位性」の変容―」、『第64回関東社会学会大会』,上智大学,2016年6月

日本での資金獲得(研究代表者のみ)

  • 1)「日本におけるグローバルな社会運動の受容」布施学術基金,東京大学人文社会系研究科,計19.5万円.
  • 2)「消費者運動としての医薬品アクセス運動――Oxfamと国境なき医師団の活動を中心に」生協総研研究助成,2011年度,生協総合研究所,計20万円.
  • 3)「社会運動をめぐる「離脱/燃え尽き」の問題――私生活における政治的・非政治的領域の葛藤を中心に」組織的な若手研究者等海外派遣プログラム, 2012年度, 日本学術振興会,計60万円.
  • 4)「グローバル・サミットと国際市民活動の循環的相互影響:WTO閣僚会議とG8を事例に」日本学術振興会 特別研究員奨励費, 2012年度-2013年度, 日本学術振興会,計180万円.
  • 5)「Effects on the Participants of Social Movements: Case of the Protest against G8 Summit」海外学会参加旅費援助, 2014年, アメリカ研究振興会,計10万円.
  • 6)「組織間ネットワーク構築機会としてのサミット・プロテスト――NGOの産業構造分析」日本学術振興会 特別研究員奨励費, 2014年度, 日本学術振興会,計140万円.
  • 7)「グローバルな相互理解の場としての国際政治活動プロセスに関する実証研究」日本学術振興会 若手研究(B), 2015-2017年度, 日本学術振興会, 計260万円.
  • 8)「平等な政治参加を妨げる要因の研究――『理想的な政治』はつねに不平等」研究者海外派遣援助, 2015年度, 村田学術振興財団, 計20万円.
  • 9)「ICT(Information and Communication Technology)を用いた政治活動・社会運動に関する社会情報学的研究」研究推進プログラム(若手研究), 2015年度, 立命館大学研究部, 計100万円.
  • 10)「日本のクライシス・マネジメントに対する三つの観点:被害者、行動者とリーダー」外国人研究者等招致助成, 2016年度, 平和中島財団, 計76.1万円.
  • 11)「社会運動のサブカルチャー化――G8サミット抗議行動の経験分析」日本学術振興会研究成果公開促進費(学術図書), 2016年度, 日本学術振興会,計130万円
  • 12)「政治的コミュニケーションにおける言語/非言語的なるもの――熟議参加者の『有名性』を通じて」立命館大学国際言語文化研究所萌芽的プロジェクト研究,2016年度,立命館大学,計20万円
  • 13) 「社会運動におけるスターとしての知識人――『ベ平連』と『安保法制反対運動』をめぐって」立命館大学産業社会学会共同研究助成,2016年度,立命館大学,計30万円
  • 14)「社会運動と若者――日常と出来事を往還する政治」立命館大学産業社会学会学術図書出版助成,2016年度,立命館大学,計50万円
  • 15)「社会運動と若者――日常と出来事を往還する政治」学術図書出版推進プログラム,2016年度,立命館大学,計100万円