『社会運動のサブカルチャー化』重版決定!+福岡と東京で『社会運動と若者』読書会(東京7/22・福岡7/29)

『社会運動と若者』に続き、『社会運動のサブカルチャー化』も重版決定だそうです。ありがたいことです。この書き方は単純化しすぎですが、『社会運動のサブカルチャー化』で取り扱った生活と運動(日常と出来事、個人と組織)を強くリンクさせた3.11以前の運動と、そのふたつを切り離して捉えた3.11以降の運動(『社会運動と若者』)は、それぞれに魅力と困難を抱えています。例えば最近もバニラ・エア社をめぐる一連の動きが見られましたが、「社会運動」と銘打っていなくとも社会に対して声を上げていく行動は、今も数多く見られます。「社会を変える」そのやり方を考える際に、ぜひとも参考にしていただければとても嬉しいです。


また、各地で読書会・書評会も企画していただいています。以上は「エスノメソドロジー研究会」さんのツイートで、場所は都内23区のどこかになるようです(はじめて「ツイートのサイトへの埋め込み」機能を使いました!)。ほか、福岡で有志の方々が読書会をやって下さるようなので、近隣にお住まいで、ご関心のある方はぜひご参加下さい。私も参加します!以下は詳細です。


■ エスノメソドロジー研究会@東京(TwitterID: @ethnoken_toyo
日時:7月22日(土) 13:00-18:00
場所:東京都23区内の大学を予定。一週間前にエスノ研さんのTwitter(@ethnoken_toyo)で公開されるそうです。または、富永までご連絡いただければ会場をお伝えします。

■ 有志による読書会+食事会@福岡
日時:7月29日(土) 20:00から(おいしいフレンチつき)
参加費:3000円
場所:福岡市中央区・福岡市地下鉄七隈線「六本松駅」近くのビストロ(事前連絡が必要です。富永(nomikaishiyouze_(アットマーク) gmail.com)までご連絡いただければと思います)

Post Comment